ルーレットの必勝法、モンテカルロ法とは?

0

カジノというとギャンブルの中でも高額賞金が獲得できそうなイメージが強い一方で、負けた時の金額も多いのではないかと不安を覚える人も多いのではないでしょうか。実はカジノゲームの中でルーレットにおける必勝法があるのをご存知でしたか。昔このルーレットの必勝法であるモンテカルロ法で、カジノを破綻させたことがあると言われるほど確かなものなのです。では実際にモンテカルロ法とはどのようなものなのか説明していきます。

モンテカルロ法は有名で実際に必勝法と呼ばれるほど確実に利益を上げられるものなのですが、単純ではなくとても複雑なものです。一回の勝ちだけでそれまでの負けを取り戻すような賭け方とは違い、かけ金の上昇がなだらかでテーブルのベットリミットや自己資金のことを考える必要がないのもメリットです。その方法とは、まず紙とペンを用意しましょう。そこに「123」と書きます。この数字はベットの単位を表していています。両端の数字を足した額を賭けるのが基本で、はじめは4単位賭けるのです。

負けたら右端の数字の横に負けたかけ金を書き入れて、勝った時には両端の数字から2つずつ合計4つの数字を消していきます。これを繰り返していって数字が残り1個か0個になったらそこで1セッションが終了です。1セッションの中でプラスの収支になるのがこの方法です。しかし、実際のルーレットで遊ぶとなるとこの方法は簡単にできるわけではありません。ルーレット自体の勝率は3分の1なので、1セッションはかなり長引くことになり頭の中でこの計算をしていくのが難しくなっていくのです。カジノではペンや紙を持ち込むことは厳禁なので、実際にこの方法をカジノで行うには無理があるようですね。使うのであればオンラインカジノがおすすめです。