ルーレットの必勝法の赤黒とは?

0

ルーレットの必勝法にマーチンゲール法とセルフハイエナ法と呼ばれるものがあります。ルーレットの赤黒やハイ&ロー、奇数偶数など2倍の所に一定のルールで賭け続けるという必勝法です。実際にその方法で勝ったという人もいますが、負けたという人も多くいるように確実に勝てる必勝法とは言えません。確率論的に勝てる確率が高くなるだろうという必勝法になりますので、鵜呑みにして負けてしまった人も多くいます。賭け方のルールやその法則の内容に納得できるのであれば、そのような方法で賭けてみても良いでしょう。

ルーレットの基本的なルールとしては、玉が止まる位置を事前に予測してベットするだけです。数字と色をピタリと当てればそれだけ配当は高くなります。ルーレットは、赤か黒かとか奇数か偶数かというような賭け方で低配当で楽しむことも可能です。確率的に考えれば赤黒のどちらか一方に決めて賭ける方が、勝てる確率は数字や数字と色を決めて賭ける確率よりも高くなります。必勝法としては自分の勘や周りの雰囲気に飲まれることなく事前に賭ける順番を決めておくことです。赤が好きな場合は3回続けて赤に賭け続け、赤で負けたら黒に変えるというようにその場の雰囲気で賭ける色を変えるような人が負け続けてしまう人です。

そんな、自分の勘で負けが続いてしまう場合が多くある人には最適な必勝法と言えるでしょう。事前にある程度賭ける順番を決めて後はそのルーティンを繰り返すだけです。赤黒のどちらか一方に賭けるだけなので途中で負けが続いてしまっても必ず当たるときが来るはずです。注意しなければいけないのは、あまりにも負け続けている時です。そのルーティン自体が負けのスパイラルに陥っているケースが考えられるので、そんなときは思い切って止める決断をしましょう。

ルーレットのディーラーはどんなにプロのディーラーでも自分の思い通りに置ける人は存在しません。そんな人がいたらギャンブルが成り立たなくなってしまいますし、そのディーラーがいるテーブルにはお客はいなくなってしまうでしょう。ある程度人が集まっていて勝っている人がいるテーブルを選ぶことも重要なポイントになります。ディーラーとの相性が勝ち負けに大きく関係してくるギャンブルなので自分に合うディーラーを見つけるのも良いでしょう。ルーレットなどのギャンブルで大事なことは引き時を見極めることです。大負けして苦い思い出となってしまうのでは仕方がありません。ある程度勝っているときに気持ちよく引くことがポイントです。